矯正歯科

当院の矯正治療が口コミで選ばれる理由

矯正歯科

歯列矯正は年単位で時間がかかり、治療費も高額です。そんな矯正治療ですから、1つの歯科医院でなく、複数の矯正歯科に相談に行かれる方も多いです。日本橋梶村歯科医院も歯並びに不満をお持ちの患者さまから多くの相談をいただきますが、当院の矯正が他矯正歯科と比べて選ばれる理由をご紹介します

 
 

こんな歯並びが矯正治療の対象です

歯並び

歯並びに何らかの問題があることを歯列不正といいます。ここでは、矯正治療が必要になるいくつかの歯列不正の種類をご紹介します。

  • 出っ歯(上顎前突)

    出っ歯(上顎前突)日本人になじみの深い歯列不正で、その人の印象を大きく変える歯並びです。上の前歯が前方に突き出す形に生えています。

  • 開咬(かいこう)

    開咬(かいこう)奥歯でしっかりと噛んでも、上下の前歯が噛まれていない状態です。前歯に隙間ができています。お口の中が乾燥し、口臭の原因にもなります。

  • 受け口(下あごが出ている)

    受け口(下あごが出ている)あごが出ている印象を与える歯列不正で、出っ歯とは正反対の症状です。下の前歯が上の歯より前方に出ています。

  • 叢生(らんぐい歯)

    叢生(らんぐい歯)乱ぐいとも呼ばれる症状で、歯の生え方がバラバラです。歯並び全体が乱れているので、食べ物が詰まりやすく、歯磨きもしにくいです。発音が不明瞭になりやすくなります。

  • すきっ歯(空隙歯列)

    すきっ歯(空隙歯列)いわゆる「すきっ歯」です。歯と歯の間に隙間が空いているので食べ物が詰まりやすく虫歯や歯周病の原因になります。声を出すときに空気が漏れやすいので言葉が不明瞭になります。

  • 深い咬み合せ(過蓋咬合)

    深い咬み合せ(過蓋咬合)上下の歯の噛みこみが深すぎる状態です。上の歯が覆いかぶさって下の歯が見えなくなっています。下歯がすり減って知覚過敏症を引き起こしてしまう原因になります。

水天宮前でお子さんに小児矯正をさせたいとお考えの親御さんへ

水天宮前で小児矯正子どもたちが、自分の方から歯並びを良くしたいと言い出すことはそれほど多いことではありません。

とはいえ、大人になると、子どものころに歯列矯正をやっていてよかったときっと思っていただけるに違いありません。

歯並びが良いことのメリットはたくさんあります。子どものころには気付かなかったメリットに気付いたとき、心からありがとうの気持ちが湧き出てくることでしょう。

水天宮前で小児矯正歯科をお探しの方は、ぜひ日本橋梶村歯科医院へお気軽にご相談ください。

床矯正について動画で解説

水天宮前で矯正治療をお考えの大人の方へ

水天宮前で成人矯正成人してから歯列矯正を行う場合、問題となるのは見た目や時間です。できるだけ短時間で、しかも目立たない治療を受けたいと願われる方は多いです。

日本橋梶村歯科医院では、目立ちにくい治療、短時間で歯並びを変える治療など、患者さまの生活習慣やご希望などをトータルで考えながら、負担の少ない治療方法をご提案させていただきます。

水天宮前で矯正歯科をお探しの方は、ぜひ日本橋梶村歯科医院へお気軽にご相談ください。

矯正治療相談問診票ダウンロード

矯正治療相談問診票ダウンロードこの画像をクリックすると矯正治療相談問診票がダウンロードできます。矯正治療相談にいらっしゃる前に記入いただきお持ちいただくとスムーズです。