マイクロスコープ精密治療

通常の20倍に拡大して精密に治療できます

マイクロスコープ精密治療

日本橋梶村歯科医院では、マイクロスコープを使用して、精密な治療を行なっております。肉眼では発見できない病巣の早期治療や、つめもの、被せ物の適合の精度をあげたり、削る面積を少なくしたりなど、精密に治療することのメリットは、数えだしたらきりがないほどたくさんあります。

水天宮前でマイクロスコープ精密治療をお考えの方はぜひ、日本橋梶村歯科医院までご相談ください。

歯科マイクロスコープってなに?

歯科マイクロスコープ歯科マイクロスコープは歯科顕微鏡と呼ばれ、肉眼の20倍程度にまで拡大して患部を見ることができます。

お口の中は暗く、歯は小さい組織ですので、肉眼のみに頼った治療には限界がありますが、このマイクロスコープを使用することで、より精密に治療することが可能となります。

マイクロスコープには各種グレードがありますが、当院では、最上級である「カールツァイス社」製の動画録画もできるマイクロスコープを使用しております。

マイクロスコープについて動画で解説

マイクロスコープの視野

マイクロスコープの視野

この画像はマイクロスコープと肉眼で歯を見た時の見え方の違いを表しています。いかがでしょうか?全然見え方が違いますね。マイクロスコープを使用すると微妙な色の変化や、組織の凹凸までしっかり確認することができます。

精密治療と保存治療、長持ち治療の関係

精密治療精密に治療できるということは、歯を削る面積を少なくすることができるといったことや、抜歯に大きく関わる歯の神経治療(根管治療)における再発リスクを大幅に減少させる事に繋がります。

削らない、抜歯のリスクを下げることはすなわち、「天然歯を護る(保存治療)」ことに繋がります。

また、再治療のリスクを低減し、つめものや被せ物の適合精度も上がることから、「長持ち治療」でもあると言えます。

マイクロスコープ精密治療のメリットまとめ

  • 審美歯科における補綴治療(つめもの、被せもの)が取れづらくなる(長持ち治療)
  • 小さな虫歯も早期発見、早期治療に繋げることができる
  • 虫歯を削る際、余分な部分を削ること無く、天然歯を極力傷つけない
  • 根管治療の再発リスクを大幅に減少させることができ、抜歯回避につながる
  • 治療中の写真や動画も取れるので、治療説明および患者理解に役立つ

マイクロスコープ導入歯科医院は、たったの5%

歯科マイクロスコープ

上記の通り、マイクロスコープの有意性はご理解いただけたと思いますが、どの歯科医院にでもマイクロスコープはあるものではありません。その導入率は全国の歯科医院の5%程度だと言われています。しかし、昨今ではこのマイクロスコープ治療を希望される患者様が急増していることから、導入率も少しずつ上がってきているようです。

水天宮前でマイクロスコープ精密なら日本橋梶村歯科医院

水天宮前でマイクロスコープ精密

水天宮前でマイクロスコープ精密治療をお考えの方、もしくは、どうせ同じ治療なら精密にして長持ち治療、保存治療に繋げたいという方は、お気軽に日本橋梶村歯科医院までご相談ください。

※マイクロスコープ治療におけるセカンドオピニオンを実施しています。他の歯科医院にて抜歯を宣告された方、歯の大部分を削ると言われた方はぜひご相談ください。