抜かない・削らない治療

保存治療に対する当院の徹底的なこだわり

保存治療

歯をできるだけ「抜かない」「削らない」。天然の歯を長持ちさせるこうした治療が保存治療です。虫歯になった部分を削って詰め物をすることは簡単ですが、将来受けられる治療の選択肢を狭めることになります。当院では、患者さまに負担をかけてしまう治療を避けて、天然の歯をできるだけ使い続けることをめざした治療を心がけています。

削らないで治療するため行なっている具体例

削らないで治療する

虫歯になった部分を全く削ることなく完治させることは、現在の医学では難しいことです。しかし、可能な限り削らないで治療することは可能です。そのために当院では次の点に取り組んでいます。

①マイクロスコープ精密治療

①マイクロスコープ精密治療肉眼の20倍以上に拡大して治療できるマイクロスコープを使用することで、削る面積を最小化し、低侵襲な治療が可能となります。

また、微妙な歯質の色の変化も肉眼に比べてわかりやすくなりますので、小さな初期虫歯を早期発見し、早期治療に繋げることで、これも削る面積を最小化させることに繋がります。

マイクロスコープ治療について詳しくはこちらから>>

②拡大鏡を使った精密治療

②拡大鏡を使った精密治療歯は小さく、奥歯になればなるほど暗くて良く見えません。そこで使用するのが上記の歯科用マイクロスコープですが、非常に高価であるため、1台しか導入できません。

写真の拡大鏡の拡大視野は数倍にまで劣ってしまいますが、当院では歯科衛生士を含めたスタッフ全員がこの拡大鏡を常時しようしております。

上記拡大視野で患者様のお口をチェックすることで、早期発見、早期治療に繋げております。

③予防歯科をオススメしております

③予防歯科自分の歯を長く使い続けるのに最も大切なことは、虫歯にならないことです。虫歯にならなければ歯を削ることもありません。

当院では、歯のクリーニングや歯周病予防のために定期的に歯科医院に通っていただくことをおすすめしています。

このように、治療目的ではなく、予防目的で歯科医院へ通院するという考え方を予防歯科と呼びます。

歯をできる限り抜かないために当院が行っていること

歯をできる限り抜かない

虫歯が相当進行していたり、歯の神経が通っている根管が折れていたりすると抜歯が必要になる可能性が高まります。しかし、それ以外では抜歯が回避できる可能性があります。具体的な例をご紹介します。

①マイクロスコープ精密・根管治療

①マイクロスコープ精密・根管治療

虫歯菌が歯の表面を溶かして内部まで進行すると、最終的には歯の神経が侵されてしまいます。

こうなってしまうと、歯を残すためには根管治療が必要になりますが、決して簡単な治療ではありません(くわしくは根管治療のページをご覧ください)。

この根管治療の成功率を大幅に上げ、再発率を極端に下げることに非常に有効なのが、マイクロスコープ精密治療です。このマイクロスコープ精密根管治療が抜歯の最後の砦といっても過言ではありません。

②こだわりの歯周病治療

②こだわりの歯周病治療成人が歯を失う原因としては、虫歯よりも歯周病の方が多いです。あまり進行していない段階では抜歯の必要もありませんが、重度になると一般の歯科医院での治療が難しく、抜歯しなければならない場合があります。

日本橋梶村歯科医院では、歯周外科治療や歯周再生治療といった高度な歯周病治療が選択できます。もし、他院さまで抜歯をすすめられたケースでも、もしかすると抜歯を回避できるかもしれません(詳しくは歯周病のページをご覧ください)。

③予防歯科で、老後まで自分の歯を保つ

③予防歯科歯周病や虫歯になったとしても、症状が軽い段階で治療をすれば抜歯に至ることはほぼありません。

そして何よりも大切なのは、歯の病気を予防することです。歯に対する高い意識を持つ欧米では、80歳になっても歯が20本残っている人も多いです。

当院では、歯が悪くなってから歯科医院に通うのではなく、悪くならないために通う予防歯科をおすすめします。

水天宮前で抜かない、削らない歯医者をお探しの方へ

水天宮前で抜かない、削らない歯医者

水天宮前で抜かない、削らない歯医者をお探しの方はぜひ日本橋梶村歯科医院までご相談ください。抜歯や補綴(詰め物や被せ物)に関するセカンドオピニオンや無料相談を実施しておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。